お知らせ

☆2018年度決算報告と2019年度予算

                                                                                2019 年 5 月 

緑窓会会員のみなさま                

緑窓会・2018 年度決算報告
 
5 月 18 日開催の 2019 年度第一回「定例役員会」にてご承認戴いた 2018 年度 決算について、「会則」第 9 条 6 項に基づき公開、ご報告申し上げますとともに、 概要につき説明致します。 なお、決算のベースとなります 2018 年度事業活動につきましては、当初の計 画に基づき実行致しました。
 
(収入の部)  

・入会金:中等部卒業生(新規会員)が、予算比 3 名増加したため(254 名)、 入会金収入は予算比+9,000 円の 762,000 円となりました  

・維持会費:納入年ではありましたが、5,000 千円を割り込み、予算比▲165,000 円の 4,985,000 円となりました   ・「緑窓会の日」会費:有料入場者数は 189 名で、予算比▲333,000 円の 567,000 円となり、費用も予算比では減りましたが、「緑窓会の日」
 収支は▲502,800 円となりました  

・収入合計:予算比▲334,849 円の 6,568,151 円となりました (支出の部)   ・通信費:Jubilees 関連通信費を、通信費項目に計上したため、通信費(主 に切手代)としては、予算比 95,234 円の増加となりました(この 分、Jubilees 関連費用は、予算比マイナスとなっています)  

・テント購入:役員会にてご承認戴いた通り、緑窓会独自のテントを新規に 購入、9 月 23 日のグリーンフェステイバルより使用を開始し ました  

・予備費:予算では 500,000 円を見込みましたが、使用しませんでした  

・支出合計:経費削減に努めたこともあり、予算比▲1,166,844 円の 5,553,156 円となり、前年 2017 年度を大きく下回りました

(収支差額)  

・上記収入・支出より、1,014,995 円を計上致しました

(次期繰越金)  

・2018 年度収支結果、次期繰越金は、8,927,141 円となりました
 
本件に対し、4 月 9 日今村・﨑田両監事による監査を受けました。 監査結果は、添付「監査報告書」の通りです。
 
お願い;  本決算に関し、維持会費収入が、納入年にも拘らず予算を下回ったこと、した がい、収支差額は 1,014,995 円とわずかにプラスを計上したに留まったこと等、 課題が残り、財政的にも厳しい決算となりました。  つきましては、毎度のお願いではありますが、事業活動をみなさまと共に実施 して行くためにも、“維持会費”の納入にご協力戴きたく、お願い申し上げます。
 
                                   以上
 
                                                                            緑窓会会長       

                                                                        伊藤正道

・2018年度収支計算書 ←ここをクリックしてください。

・2018年度収支報告書 & 2019年度予算 ←ここをクリックしてください。

 

 

☆2019年6月1日第30回「緑窓会の日」   開催報告!!!

令和最初の「緑窓会の日」は、30期卒業生が企画担当し、中等部新礼拝堂で開催されました。

川村尚弘牧師の説教による1部礼拝に続き、2部は世界的チェリスト山本祐ノ介さんと、奥様でピアニストの小山京子さんのコンサート。山本さんご自身が国立交響楽団音楽監督をされているミャンマーとの交流のきっかけとなったエピソードや、現地での活動など、映像と軽快なトークを交えた楽しいライブとなりました。茶話会をはさみ、30期を中心に青学ラグビー関係者が一堂に会して行われた3部のトークライブは、出場者がラグビーボールを次々にパスしながら登場するという粋な演出で始まりました。それぞれのラグビーを始めた動機や、学生時代の思い出が懐かしい映像とともに尽きることなく語られ、途中客席でラグビーボールをルール通りに横へ後ろへと回し、観客もボールの感触を確かめました。最後は今年日本で開催されるラグビーWカップ、来年のオリンピックに向けての日本ラグビーの展望や世界のラグビー情勢、裏話なども飛び出して、大盛り上がりのイベントとなりました。

来年の「緑窓会の日」は31期卒業生が担当です。さて、どんな楽しいイベントになるでしょう。ご期待ください。

   

(20200430)

☆51期 同期会 2019年6月1日 ― 期会・クラス会案内のアーカイブに掲載しました。

(20200430)

 

☆2019年度第一回「定例役員会」ご報告

   5月18日(土)に開催されました当会について、ご報告致します。

 まず、中等部・敷島部長から、中等部の現状報告を戴きました。

  1. パイプオルガンへの寄付は、当初の予定通り3月末を以て終了、みなさまのご支援・ご協力によりパイプオルガンの設置が決定したことに感謝の表明がありました
  2. パイプオルガンは、6月には設置工事が始まり、8月24日の引き渡しとなっています
  3. 夏の期間中に、グランドの工事があり、人工芝のグランドとなります
  4. 10月19日(土)に、奉献礼拝・パイプオルガンコンサートを予定
  5. 12月7日(土)には、校舎・礼拝堂・テニスコート等すべての竣工を祝い落成式が行われます
  6. 寄附への感謝の印として、来年以降、オルガンコンサートを行う予定

次に、50名の役員の出席を以て、議事に入りました。

今回の議案は、付議事項4件、報告事項5件、付議事項はすべて原案通り承認されました(「会則」に基づき、付議事項5のみ出席役員の三分の二以上、他の事項は過半数の賛成による)。

(付議事項)

1.2018年度決算(案)承認の件

HP別記の通り、2018年度事業活動をベースとした決算案が上程され、会計

担当からの主要事項の説明とともに、監事からの「監査報告」があり、審議

結果承認されました。

詳細につきましては、本件に関わるHPをご覧ください。

なお、本決算に於いて、維持会費が納入年であっても予算・目標を下回った

こと等により、収支差額は僅か1百万円台となったことから、次年度以降へ

の課題が残った決算となりました。

2.・3.会長・副会長および役員選任・承認の件

  全役員は、当会当日を以て任期満了(2年間)となるため、会長・副会長にお

いては、昨年12月1日開催の役員会で承認を得た「役員推薦委員会」にて候

補者を推薦、結果会長は伊藤正道氏(15期)、副会長は大石由美子氏(22期)

および藤野健彦氏(25期)が当会にて選任されました。

  これを受け、会長推薦の会計2名、運営委員8名ならびに監事2名が承認さ

れました。期幹事については、各期会員の合意による任用となって居ります。

今回、監事の今村氏(10期)、運営委員の門田氏(8期)、中野氏(10期)、新海氏(23期)が退任されました。ここに、永年の役員としてのご支援・ご活躍に感謝申し上げます。

なお、運営委員は、今後10名から8名に減員となり、この体制で事業活動の推進に対応して参りますが、月一回でも結構ですので、是非ともお力をお貸し戴きたく、積極的なご協力をお願い致します。お手伝い戴ける方は、メール、℡等にて緑窓会あてお願い致します。いつものお願いではありますが、よろしくお願いします。

  今回、選任された役員は次の通りです(敬称略)。

  ・名誉会長(1名):敷島洋一(中等部長)

  ・会長(1名)   :伊藤正道(15期)

  ・副会長(若干名):大石由美子(22期)・藤野健彦(25期)

  ・会計(2名)    :小平昌邦(18期)・西本由里子(18期)

  ・監事(2名)    :﨑田克己(14期)・平森均(22期)

  ・運営委員(10名以内):濱中浩子(20期)・佐藤木乃実(27期)・

             木林洋篤(24期)・安蔵昌明(24期)・松田百代(14

             期)・向笠晴久(16期)・大野恵子(16期)・

                                                             冨士野ゆかり(22期)

  ・期幹事(各期2名):各期の合意により任用

   注)*印:新任

4.「維持会費」改定の件(藤野副会長より説明)

  別途HPでの“お知らせ”で背景・事由等につきご説明させて戴きましたが、

2004年の維持会費改定以降、この15年間において緑窓会を取り巻く環境は

大きく変化、維持会費納入率の減少、消費税増税、諸経費の値上がり(特に、

郵便料金・発送費)、「緑窓会の日」の集客力、事業活動の珠実と経費増によ

り、緑窓会の財政状況は厳しくなっております。

斯かる状況において、2023年度には次期繰越金が2百万円台にまで落ち込む

ことが予測されておりますことから、今後の事業活動維持および会の運営の

観点から、2004年の改定後15年間何とか据え置いてきた維持会費の改定を

早期に図るべきと判断、今回上程することとなりました。

本件、事情ご賢察戴き、ご了承賜りたく、お願い致します。

なお、緑窓会の運営は維持会費で成り立っておりますので、今後とも維持会

費の納入にご協力戴きたく、お願い申し上げます。

(報告事項)

1.2018年度事業活動報告(大石副会長より説明)

   当初の計画通り活動を行いました。

2.2019年度事業活動計画(大石副会長より説明)

   昨年12月開催の「定例役員会」にてご承認戴いた通り推進中。

   詳細は、HPをご覧ください。

3.校友会代議員・常任委員候補者推薦報告

   校友会代議員・常任委員は、本年6月末を以て任期満了となります。した

がい、昨年12月開催の「定例役員会」において承認された「役員推薦委員

会」で候補者を選任戴き、校友会あて報告させて戴きました。

本件は、6月29日開催の「校友会代議員総会」で決議され、選任が確定し

ます。

確定次第、HPに掲載させて戴きます。

4.2019年度「緑窓会の日」最終報告および係りの選任

  ①担当30期、高橋実行委員長から今回のプログラムのポイントにつき説明

がありました

  ②30期担当委員より、自己紹介がありました

  ③当日の係りを選任いたしました

6月1日(土)は、是非中等部新礼拝堂へお出かけ下さい。

5.その他

 ①中等部・新礼拝堂募金

   2015年12月よりスタートした当募金は、当初の計画通り3月末をもちま

して終了、お陰様でパイプオルガンの契約・設置が決まりました。

  本件に対し、募金委員会﨑田委員長から、お礼の言葉がありました。

②校友会「2019年度代議員総会」

6月29日(土)13時から、高等部PS講堂にて開催される旨、伊藤会長か

ら説明がありました

③メールの活用と課題

  伊藤会長から、経費削減の観点から、役員会等への案内を昨年から一部

往復はがきからeメールへ移行、今回は約40%をメールとしましたが、受

取・確認に課題が残り、今後の対応につき検討している旨、発言がありま

した

 

本日の「定例役員会」は、当初予定の案件の審議をすべて行い、15時45

分滞りなく終了いたしました。

                                                                                                                              以上 (20200430)

☆役員体制について

5月18日開催の2019年度第一回「定例役員会」(今回、役員全員が任期満了、改選期)において、次の通り役員が選任されましたので、新役員体制につきご報告致します。(敬称略)

 

・名誉会長(1名):敷島洋一(中等部長)

・会長(1名)   :伊藤正道(15期)

・副会長(若干名):大石由美子(22期)・藤野健彦(25期)

・会計(2名)    :小平昌邦(18期)・西本由里子(18期)

・監事(2名)    :﨑田克己(14期)・*平森均(22期)

・運営委員(10名以内)

            広報:濱中浩子(20期)・佐藤木乃実(27期)

           PC :木林洋篤(24期)・安蔵昌明(24期)

                 :松田百代(14期)・向笠晴久(16期)

                 *大野恵子(16期)・冨士野ゆかり(22期)

・期幹事(各期2名):各期合意による任用

  注)*印:新任(他は全て重任)

 

今回改選にあたり、次の方々が退任されました。

今までのご苦労に対し、厚く御礼申し上げます。

監事:*今村和久(10期)

運営委員:*門田美智子(8期)・*中野凱美(10期)・新海潤子(23期)

  注)*印:定年規程による退任(「会則」8条④項)

 

2019年5月18日以降、当役員体制にて運営、活動して参りますので、

従来同様みなさまのご支援、ご協力をお願い致します。

                                                                      以上  (20200430)

 

☆緑窓会会員のみなさまへ

 「維持会費」改定について

5月18日開催の2019年度第一回「定例役員会」に、下記改定案を上程いたしました。

  1. 維持会費:(現行)2年・2000円 (改定案)2年・3000円
  2. 納入方法:従来の郵便振替に、ゆうちょ銀行口座あて直接振込を追加
  3. 適用開始:2020年度

 

 本件につきまして、背景・事由等説明申し上げます。

1.維持会費の推移

  ~2003年    :2年・1000円(年・500円)

  2004年~現在:2年・2000円(年・1000円)

2.前回改定から現在までの(15年間)緑窓会を取り巻く環境変化

  ①  会員数の増加⇒事務経費の増加

      本年3月の70期新会員を含め、中等部卒業生は19,354名となり、この

  15年で3,963名が増加(+25%)、退会者を加味した会員数は、

  郵送対象者で16,000名となって居り、通信費を含めた事務経費は増加し

  ています

  ②  中等部卒業生の減少⇒新規会員入会金・維持会費の減少

      2000年度~2004年度の卒業生は、年度あたり274~275名でしたが、

  2013年度以降は249~254名となり、2004年度比較では8%減少、これ

  に伴い、入会金・維持会費収入は減少しました(年約▲100,000円)

  ③  消費税増税⇒諸費用の増加

         1989年4月に導入された消費税は、2004年度では5%、その後2014年に8%

  に増税、今年10月から10%への増税が予定されています 

  ④   郵便料金の改定⇒通信費・発送費の増加

         役員会案内、会報等の送付に関わる郵便料金は、この15年で大きく変化、

  はがきでは、2004年度は50円でしたが、2014年に52円、2017年には62円と

  なり、本年10月には消費税増税に伴い63円となる見込みです。

  緑窓会は、役員会等のご案内を往復はがきとしてきたため、その影響は

  大きなものとなっています。(経費削減の観点から、昨年より一部メール

  への移行を試みています)

  ⑤  事業活動の充実化⇒事業経費の増加

         従来、緑窓会の活動は「緑窓会の日」を主体として参りましたが、会員相互の

        親睦と中等部との連携を基本方針とし、Jubilees式典、中等部関連行事への参加

    (運動会・中等部祭優秀者へのマフラータオルの贈呈)等、活動の幅を増やして

       参りました。これに伴う費用は必要なところ、2004年頃の年間事業費3,000千円台

       から、最近では年5,000~6,000千円台に増加しています

  ⑥  収入の横ばい・減少傾向

         経費増の反面、みなさまからの維持会費収入は、納入率が目標の20%を大きく

         割り込み、15%程にて推移、あらゆる機会を捉え納入率を高める作業・活動に

         対しご協力を戴いて来ておりますが、残念ながら収入増には結びつかず、今後

         についても明るい見通しがない状況にあります

 

   斯かる状況に於いて、維持会費は据え置く方針の下、事業活動に取り組み、一方では経費削減に努めてまいりましたが、財政状況は厳しいまま、改善に至らず、維持会費納入年であっても、収支は良くて1,000千円台のプラス、納入年ではない年の収支は赤字を計上しております。

  したがいまして、15年間維持会費を据え置いて対応して参りましたが、運営委員会としては今後の財政状態に強い危機感を感じ、健全な緑窓会運営のためには早期に手を打つ必要があると判断、今回維持会費の改定を上程したものです。

  財政状態に関する今後のシミュレーションでは、維持会費を据え置いた場合、2023年度末の次期繰越金はわずか2,623千円となる見込みで、2023年度以前において定期預金を取り崩し対応することとなってしまうことが予測されました。

  本件に関し、初等部くすのき会、高等部同窓会における維持会費についても調査するとともに、昨年一年をかけ「定例役員会」ならびに「代議員・運営委員合同会議」等の場で、みなさまからのご意見、ご提案をお聞きした結果、維持会費の改定はやむを得ないとの結論に達したものです。

  なお、納入にあたり、ネットバンキング等の利便性の観点から、従来の郵便振替に、ゆうちょ銀行口座あて直接振込を追加いたします。

  本件は、原案通りの内容にて、ご出席役員のご承認を戴きましたので(「会則」改訂のため、出席役員の2/3以上の賛成)、2020年度から実施させて戴きます。

  会員のみなさまには誠に恐縮ではありますが、事情ご賢察戴き、何卒ご理解賜りたく、ここにご報告させて戴きます。

  なお、緑窓会の運営につきましては、会員のみなさまからの維持会費で行っておりますことから、今後とも納入に是非ともご協力戴きたく、毎回のお願いではありますが、よろしくお願い致します。

  参考までに、各期における2018年度(納入年)および2019年度(5月18日現在)の合計納入者数をグラフ化いたしましたのでご参照願います。

下記の「2018年2019年期毎合計納入者数とそのグラフ」をクリックしてください。

 

2018年2019年期毎合計納入者数とそのグラフ

                          緑窓会会長     伊藤正道

                                                                                                                                           以上 (20200430)

 

☆同期会サポートのお知らせ☆

    今年も緑窓会は「緑窓会の日」に合わせて、中等部卒業後10年、20年、30年の期が同期会を開催できるように、会場(アイビーホール)の予約や、同期生、先生方への案内状作成などのサポートをしています。今年は41期、51期、61期が対象です。

 対象期の方々にはすでにハガキでお知らせしています。お知らせが届いていない方は緑窓会までご連絡ください。

日時:2019年6月1日(土)18:00~20:00

場所:アイビーホール青学会館(会場は館内に掲示します。各期で会場は違います。)

会費:5,000円

   なお、当日は13:40から第30回「緑窓会の日」を中等部新礼拝堂で開催します。

HPにも掲載されていますが、「音楽とスポーツで語る青山学院、そして世界へ」という企画で、礼拝の後は、山本祐ノ介さんのチェロコンサートや青山学院のラグビー関係者によるTALK LIVEなど盛りだくさんの催しです。希望者は13:00から新校舎見学もできます。こちらも、ぜひ皆様お誘い合わせのうえご参加ください。

「緑窓会の日」の申し込みは同期会とは別です。会報に同封されている郵便振替用紙でお振込みください。(当日受付もできます)

   41期、51期、61期の皆さん、同期会で楽しいひとときをお過ごしください。

 

☆第30回「緑窓会の日」開催のご案内 ☆

~音楽とスポーツで語る青山学院、そして世界へ~

   2019年「緑窓会の日」は、幹事を務める30期生による、音楽とスポーツをお楽しみいただく催しを企画いたしました。今年は、ラグビーW杯日本大会の開催の年です。青山学院のラグビー関係者が集まって、ラグビーとの深遠、W杯の展望について語っていただきます。世界で活躍する山本祐ノ介氏のコンサートもあります。

    また中等部の新礼拝堂が完成して初めての開催となります。卒業生・在校生のご家族やご友人、関係者の方々も歓迎いたしますので、どうぞお誘い合わせのうえ、お出かけください。

【日 時】2019年6月1日(土) 13:00~16:30 受付開始 13:00~

【場 所】青山学院中等部新礼拝堂 

(青学講堂ではありません。お間違えないように!)

 ・今年から中等部門が使えるようになりました。

【参加費】3,000円(青山学院在校生は無料)

 ・会報に同封の郵便振替用紙で5月17日(金)までにお申し込みください。

 (当日受付もできますが、整理の都合上、なるべく事前にお申し込みください)

    ・青山学院の教職員、OBの先生方はご招待ですので、直接受付にお越しください。

 

<プログラム>

【受 付】13:00~13:30

         校舎見学をご希望の方は13:00に受付にお越しください。

【第1部】13:40~14:20 礼拝

         司式:市川 公久(30期)

                     説教:川村 尚弘(30期)駒場エデン教会牧師

         奏楽:林田 香緒里(30期)

【第2部】14:25~15:10 山本 祐ノ介コンサート

        チェロ:山本 祐ノ介(30期)

        ピアノ:小山 京子

【茶話会】15:10~15:40

               場所:青山学院中等部カフェテリア

【第3部】15:45~16:30 青山学院とラグビー、そしてW杯~世界への飛翔!TALK LIVE~

    出演者(予定)

                    吉田 義人(元ラグビー日本代表/元明大ラグビー部監督/初等部父兄)

        以下青学ラグビー部OB

       山本 巧(元早大ラグビー部/日本ラグビーフットボール協会理事/30期)

                   國定 精豪(元ラグビー日本代表/元明大ラグビー部/トヨタ自動車/30期)

               酒井 直人(日本ラグビーフットボール協会PR委員長/30期)

           近藤 英一(報知新聞編集局次長/30期)

                   岩渕 健輔(元ラグビー日本代表/元日本代表GM/7人制ラグビー代表                                   総監督/42期) VTR出演

                   安村 直樹(日本テレビ・ラグビーW杯実況アナウンサー/元慶大ラグビー                          部/55期) VTR出演

*皆様のご参加をお待ちしています。

 

☆61期同期会サポートからのお知らせ☆

日時 : 2019年6月1日(土)18:00〜20:00
場所 : 青学会館アイビーホール(会場は館内に掲示します)

会費 : 5000円

当日は13時30分より中等部新礼拝堂にて「緑窓会の日」が開催されます。是非こちらもご参加下さい。

同期会出欠のご返事は5月10日までに下記のアドレスへお願いします。

aoyama61@aol.com
61期幹事 D組伊藤沙耶香  F組佐藤公紀

 

☆緑窓会2019年度事業活動計画について

先に掲載しました通り4月8日に中等部入学式(第73期生)が執り行われ、2019年度がスタートしました。

緑窓会も新たな気持ちを以て新年度に対応すべく、会員相互の親睦、中等部との連携を第一に事業活動を推進して行く所存です。

会員のみなさまに於かれましては、6月1日の「緑窓会の日」には祈りの学び舎である中等部に是非足をお運び戴く等、引き続き緑窓会の活動にご協力をお願いします。

また、事業活動を進めるためには“維持会費”がその財源となりますため、何時ものお願いではありますが納入につき、よろしくご支援方あわせお願い申し上げます。

2019年度 事業活動計画←こちらをクリックして下さい。                                                   以上

 

☆中等部 第73回入学式のご報告

←写真をクリックする時拡大されて全体が見れます。

4月8日(月)中等部 第73回入学式が、青山学院講堂に於いて

執り行われ、緑窓会からは伊藤会長、大石副会長が出席致しました。

 もう直ぐ“令和”となる2019年度新入生は、8クラス・258名。

 緑窓会として中等部ご入学をお祝い申し上げます。

 山本院長からは、青山学院教育方針、スクール・モットー“地の塩、

世の光“が、敷島部長からは目標設定等中等部での過ごし方が祝辞として

贈られました。

 新入生は、今日クラスのみんなや担任の先生と出会い、学校生活をスタート

させました。

                                                                                 以上

☆中等部 第70回卒業式のご報告

去る3月16日(土)、中等部第70回卒業式が、青山学院講堂に於いて執り行われ、緑窓会からは伊藤会長、大石副会長が出席致しました。

 平成最後の卒業生となった70期生は254名、改めまして卒業のお祝いを申し上げますとともに、この日を以て緑窓会会員となられた卒業生に対し緑窓会として大いに歓迎致します。

  なお、緑窓会入会にあたり70期を代表し2名の緑窓会期幹事  (河田壮生さん、林はんなさん)が選任されましたこと、ここにご報告申し上げます。

 お二人のご挨拶は、5月1日発行の会報「緑窓」に掲載致します。

                                                                                                                                                                             以上

☆2019年 新年のご挨拶

緑窓会会員のみなさま

 明けましておめでとうございます。

 みなさまに於かれましては、ご健勝にて良き新年をお迎えになったことと存じます。

 さて、2019年、中等部は新礼拝堂が1月8日に“献堂式”を迎え、6月にはみなさまからのご寄付により設置が決まりましたパイプオルガンの工事、その後新図書館、テニスコートの建設を経て、12月7日に“新校舎落成式”が予定されています。

 緑窓会は、みなさまのご支援・ご協力の下、会員の親睦と中等部との交流を第一に今年も各種の事業活動を行って参ります。

2019年度「緑窓会の日」は30期が担当、新礼拝堂での礼拝、チェロの演奏

(山本祐ノ介氏)につづき“青山学院とラグビー、そしてW杯~世界への飛翔!”と題したトークライブが企画されており、6月1日(土)に行われます。

 みなさまの祈りの学び舎である中等部に是非お出かけ下さい。

 緑窓会では、「緑窓会の日」、グリーンフェステイバル、Jubilees、中等部祭等事業活動の日程につき、またみなさまのご要望に基づきクラス会等の案内・報告を今後ともホームページに掲載して参ります。

 新しい年がみなさまにそしてご家族にとり幸多き、良い年となりますよう祈念申し上げます。

                                                                   緑窓会会長 伊藤正道

追伸;

 いつものお願いではありますが

 ・「緑窓会の日」へのご参加

 ・緑窓会維持会費の納入

 ・運営のお手伝い

 ・中等部パイプオルガン寄附(3月末で終了いたします)

につき引き続きご協力戴きたくお願い致します。

なお緑窓会室は1月8日(火)より、毎週火曜日11時半~16時開室しております。

☆本日2019年1月8日、中等部新礼拝堂の「献堂式」が行われました。

  

 

☆2018年12月18日 

・冬期休室のお知らせ

2018年12月19日より2019年1月7日まで緑窓会室は休室いたします。

・箱根駅伝応援

立会川拠点(第一京浜東日本銀行前付近)

1月2日 8時頃から

1月3日 12時頃から応援しています。

ぜひご参加ください。                                     

 

☆緑窓会 会長・副会長任期満了に伴う改選についてのお知らせ

                                                                                 2018年12月1日

緑窓会役員各位(2018年度第2回「定例役員会」)

緑窓会会員各位(緑窓会HP)

  会長、副会長自薦・他薦届出のお願い

                                                                                    緑窓会会長

 緑窓会現会長(1名)ならびに副会長(2名)は、「会則」第8条(役員の任期)に基づき、2019年5月開催の「定例役員会」の日を以て任期満了となります。

 したがい、下記要領をご参照戴き会長、副会長につき自薦・他薦の届け出をお願い申し上げます。

                                           記

  1. 推薦役員:会長、副会長
  2. 届出期間:2018年12月1日(土)~2019年1月28日(月)
  3. 届出:                                 ①メール:ryokusoukai@ceres.ocn.ne.jp                     ②文書郵送:〒150-8366 東京都渋谷区渋谷4-4-25 青山学院中等部緑窓会     ③ファックス:03-3498-5387                      ④何れも、青山学院中等部緑窓会「役員推薦委員会」あてお願い致します      
  4. 届出様式:任意とします
  5. 推薦:会長、副会長の両者推薦もしくは各々のみの推薦の何れでも結構です
  6. 会長、副会長の要件:緑窓会会員相互の親睦を図ることならびに中等部との連携を当会の目的としていますので、原則毎週火曜日の緑窓会運営業務、緑窓会の行事ならびに中等部行事に可能な限り出席できる方が望ましく思います
  7. 任期:「会則」第8条(役員の任期)①項により“任期は2年”です(再任は妨げませんが、会長・副会長は3期を越えることはできません)
  8. 年齢:「会則」第8条(役員の任期)④項において、“6月30日時点で満75歳を超えて選出されないこととする”と定められています
  9. 役員の数:「会則」第6条(役員)にて、会長は1名、副会長は若干名と定めています
  10. 今後のスケジュール:                          ① 12月1日開催2018年度「定例役員会」において、「会則」第7条(役員の選任)①項に基づき「役員推薦委員会」設置を決議             ② 2019年1月29日以降「役員推薦委員会」において自薦・他薦候補について審議の上候補者を選出します                      ③ 2019年5月開催予定の第1回「定例役員会」に付議の上決定します

本件、よろしくお願い致します。                                                     以上

 

☆2018年 ジュビリーズ式典

2018年 1110() 

 中等部祭の開会礼拝の後、10期・ダイヤモンドジュビリー(卒業後60年目)20期・ゴールデンジュビリー(50年目)45期・シルバージュビリー(25年目)の卒業生が表彰されました。受賞者には、記念の盾と2018年の年号入りマフラータオルが敷島中等部部長より贈呈されました。

およそ100名の出席者は短大食堂での茶話会の後、中等部の新校舎内に設けられた「緑窓会の部屋」を訪れました。

                   

 

★期会・クラス会 投稿のお知らせ

下記は、期会・クラス会案内のアーカイブに掲載されていますのでご覧ください。

2018年10月17日 5期 中等部高等部合同 傘寿の会が開催されました。

2018年10月10日 3期 中等部高等部合同三期会が開催されました。

2018年9月15日 28期 中等部高等部合同同窓会が開催されました。

☆ AOYAMA GREEN FESTIVAL 2018

-緑窓会 参加しました!ー

爽やかな秋晴れとなった9月23日(日・祝)、「緑窓会」は今年もAOYAMA GREEN FESTIVALに参加し、毎年大好評の「富士山の湧水で淹れた”青山珈琲”、 愛媛県産100%”フレッシュオレンジジュース」を銀杏並木道にて「出店」、販売いたしました。

今年からは「緑窓会」のテントを新調し、気持ちも新たに絶好のチームワークで、売れ行きも良く、珈琲は早々に完売!!たくさんの同窓生が集い楽しく賑やかな一日となりました。お手伝いに来ていただいた方々に感謝いたします。

                       

 

☆ 第29回 「緑窓会の日」のご報告

6月2日、梅雨入り前のさわやかな晴天のもと、第29回「緑窓会の日」が開催されました。駒場エデン教会の川村尚弘牧師(30期)の説教による礼拝で始まり茶話会での懇親のあと、第二部は29期卒業生が企画担当、テーマは『197578~あの輝かしい時代(とき)を忘れない~』。

中村健佐さんによるサックス演奏、ナビゲーターの宮内理恵さんが金澤千恵子さん寄稿「クリスマスの思い出」を朗読。中等部吹奏楽部、ハンドベル部、ダンス部VIVIDSとOGも参加して、古き良き時代の映像とともにファンタジックな体感型ステージとなりました。

毎年「緑窓会の日」はその年に55歳になる中等部卒業生が中心となり、趣向を凝らしたイベントを行います。懐かしの祈りの学び舎に集い、先生方や友人との旧交を温めるきっかけとなることを「緑窓会の日」はお約束します。(来年は30期が担当)

        

 

☆ 2017年度収支報告及び2018年度予算

   ↑↑↑上記をクリックして収支報告及び2018年度予算をご覧ください。

緑窓会のみなさま

5月19日の本年度第一回「定例役員会」でご承認を得た2017年度「決算書」を       「会則」に基づき公開するとともに概要について補足説明申し上げます。

  1. 収入                                 ・収入の大半を占める“維持会費”は納入年でなかったことから1,714,000円にとどまりました

        ・69期卒業生249名が新会員となり入会金は747,000円でした

            ・5月27日開催の「緑窓会の日」有料入場者は310名で会費収入は932,000円でした

            ・9月23日開催のグリーンフェステイバル(大学同窓祭)出店におけるジュース・珈琲の売上げは175,900円となりました

            ・収入合計は、寄附金を含め3,771,238円を計上しました

      2.  支 出     

               ・ 経費の値上がりもありましたが、寄附金を含めた支出合計は6,383,023円と2016年度を下回りました

             ・支出の主なものは、会報印刷費・発送費、JUBILEES関連、同期会サポート関連、中等部運動会関連、そして中等部パイプオルガンおよび大学箱根駅伝あて寄附となっています

       3.  収支差額

            ・2017年度決算では△2,611,785円となりました(2016年度は745,594円)

       4.  次年度繰越金

            ・7,912,146円と前年度比減少致しました

       5. 緑窓会正味資産

           ・1~4の損益計算書の結果、緑窓会における正味資産は7,314,143円にまで落ち込みました

お願い;

    上記の決算となり、ここ数年緑窓会の正味資産が減少傾向にあることから、運営委員としては経費の更なる削減に努めますが、今後も現行の事業活動をみなさまと共に実施して行くためにも“維持会費”の納入に機会を捉えご協力戴きたくお願い申し上げます。

                                                                                                                                                                                                                     以上

☆ 2018年度第一回「定例役員会」

                               2018年5月29日

緑窓会のみなさま

5月19日(土)2018年度第一回「定例役員会」が中等部南校舎多目的室で開催されましたので議事に付ご報告いたします。

まず、中等部浦田教頭から校舎の状況報告がありました。

・昨年4月から完成した第3代新校舎での学校生活が始まり(授業は教科型方式に移行、教科ごとに教室を移動し生徒自らが授業に向かう方式)、今は新礼拝堂・図書館(旧校舎跡地)の第二期工事が行われており、11月には竣工

・皆さんの寄付によるパイプオルガンは、来年11月に新礼拝堂にてお披露目できる予定

議事においては、決議事項として

1.2017年度事業活動の件

2.2017年度決算案承認の件

3.青山学院校友会常任委員推薦の件(松元氏退任により伊藤会長を推薦)

4.青山学院校友会代議員推薦の件(同上)

5.緑窓会「会則」一部改訂の件

の5件が上程されました。

  1. についての主な活動は、中等部式典への出席、「緑窓会の日」、グリーンフェステイバル、Jubilees(9・19・44期)、同窓会サポート(39・49・59期)、大学箱根駅伝応援
  2. について、1.の事業活動の他、中等部あて・パイプオルガン・大学箱根駅伝などへの寄付を行った一方、郵便料金等の値上げや維持会費が納入年ではなかったことから収支金額は△2,611,785円となり、次年度繰越金も7,912,146円と前年比減少しました。この結果、緑窓会の正味資産は7,314,143円と低レベルなっています

       5.について、現行「会則」が現実・実態と合わない部分が幾つかあるため、次回の「役員会」に 上程すべく現在改定案について検討を進めています。   その中で“役員の任期(8条④)”については、現行一部の役員において会則と乖離があり、早急にこの状況を解消する必要があることから、運営委員会・代議員会合同会議にてご検討いただいた結果、これを改訂することとしました。

現行会則                                    改訂

代議員を除く役員は満70歳を超えては              役員は6月30日時点で満75歳を超えて選出

選出されないこととする。                            されないこととする。

ただし、青山学院校友会代議員については             ただし、本規定は期幹事にはてきようしないものと

校友会規則により75歳までは選出できる。            する。

以上5件の決議事項はすべて原案通り「会則」に則り承認されました。

報告事項は次の6件でした。

①2018年度役員体制(松元氏が退任され1月1日付で伊藤会長が就任、他の役員と同じく任期は来年6月まで)

②2018年度事業活動(主要活動は2017年度に同じです。本年度“同期会サポート”対象は40・50・60期)、“Jubilees”対象は10・20・45期)

③2018年度「緑窓会の日」進捗状況報告(6月2日開催の「緑窓会の日」について担当期たる29期実行委員長・委員から説明を受けました。また当日の緑窓会サポートを選任)

お願い(伊藤会長から、緑窓会の課題として維持会費の納入・運営サポートへの協力と対策案の検討要請がありました)

⑤2018年度第二回「定例役員会」開催日程(12月8日を予定)

⑥その他として、2018年大相撲渋谷青山学院場所開催報告、9月23日グリーンフェステイバル緑窓会出店へのサポート要請がありました。

報告事項にありました緑窓会の課題について;

1.維持会費の納入

・2017年度決算にある通り、正味資産は7百万円程度であり、今後現行の事業活動継続には厳しい金額となっている

・最大の収入は維持会費にあるが、昨今維持会費の納入者数は会員の2割に止まっており、この割合を高めることが必要な状況にあります

・運営上、コスト削減には努力を継続

・クラス会・同期会等の機会を利用し維持会費納入を会員あて要請をお願いする                                         

本件に対し役員会では次の意見・提案が出されましたので検討いたします。

*資料等の配布は郵送から一部メールへの切替え

*振込頻度・起用機関等の変更

*金額の改定

*若い会員の積極参加

2.運営サポート

     ・運営委役員の確保

     ・現在毎週火曜日11時30分~16時まで緑窓会室にて活動を行っているが、この活

動をサポートして戴ける方(毎週でなくとも)、運営役員になって戴ける方、何ら

かの形でのサポート(得意分野)の積極的な支援をお願します

 

以上、役員会の報告をさせて戴きました。(2017年度「決算書」は別途掲載いたします)

会員みなさまのご支援・ご協力を引き続きお願い申し上げます。                  

                                                                                                                                                                                                 〆

☆ 会長交代のお知らせ

 

 既報の通り2018年1月1日付で松元茂さんから伊藤正道さんへ会長が交代しました。

新会長からのメッセージをお伝えします。

今年は、本当に寒い日が続きますが緑窓会会員の皆様に於かれましてはご健勝にてご活躍のことと存じます。

平素は、仲間として緑窓会に協力・ご支援戴き改めましてお礼申し上げます。

さて、今般松元会長がご事情により退任の申し出をされましたことを受け、昨年12月9日付「定例役員会」にてご承認を賜わり、期の途中ではありますが本年1月1日をもちまして私、伊藤(15期)が会長職を拝命することとなりました。

松元さんは積極的に当会の運営に当たり、また各行事にも自ら対応されておりました。此処に2期4年6か月のご苦労と実績に対しこの場をお借りして敬意を表したく存じます。

今後は中等部との交流も引き続き行い、愛する青学、そして中等部緑窓会を会員の皆様と共に盛りたてて行く所存ですので「緑窓会の日」へのご参加を含め、同窓生として、仲間として今まで以上にご支援を賜りたくよろしくお願い申し上げます。

新しい年を迎え、中等部は今三代目の校舎の工事が進み、既に一部の校舎で授業が、生活がそしてクラブ活動が始まっています。久しぶりに、是非中等部に帰ってきてください。

中等部で出会い育った私たち、青学の良さを感じている仲間がクラス会や同窓会、そして「緑窓会の日」で学校に集まることは幸せなことと思っています。クラスやクラブの仲間、それが一番の想い出であり財産であること、そんな仲間達や先生とざっくばらんに話せる、リラックスできる仲間、それは青学で育まれた私たちが得た中等部からの最大の贈り物と思っています。

そんな仲間に感謝し緑窓会を支えて戴きたく、今後ともよろしくお願いします。

                            緑窓会会長 伊藤正道

 

☆2018年-主な事業予定のお知らせ

今年の行事予定は次の通りです。ぜひご予定ください。

4月 7日(土):中等部入学式

 21日(土)16時:パイプオルガン・チャリテイーコンサート

      52期:大平健介さん (於:ガウチャー記念礼拝堂)

5月 1日(火)会報「緑窓」27号発行

5月15日(火)18時:運営委員代議員合同会議(於:校友会ルームA)―別途ご案内

     19日(土)14時:定例役員会(於:中等部)-別途ご案内

6月 2日(土)14時:第29回「緑窓会の日」(担当:29期)(於:青学講堂)

9月23日(日・祝):大学同窓祭“グリーンフェステイバル”

10月6日(土):中等部運動会

11月10日(土):ジュビリーズ式典・中等部祭

(ダイヤモンド:10期、ゴールデン:20期、シルバー:45期)

      11日(日):中等部祭

12月 未定:運営委員代議員合同会議

        未定:定例役員会

                                                                                     以上

 

☆第29回 「緑窓会の日」開催のご案内

197578 ~あの輝かしい時代(とき)を忘れない~

≪映像でふりかえるあの頃・・・≫

2018年の「緑窓会の日」は、幹事を務める29期生が、中等部で過ごした1975~1978の時代へ皆さまを誘います。

当時、貴方は何歳で、どのようにお過ごしでしたか? 『映像でふりかえるあのころ…』をキーワードに、音楽・パフォーマンスなど、トリップ感満載の体験型ステージを企画しました。中等部の生徒たちも出演するイベントを通して、各々の思い出深い時代を回想しながら、世代を越えた一体感をお楽しみください。

 卒業生・在校生のご家族やご友人、青山学院関係者の方々も歓迎いたしますので、どうぞお誘いあわせの上、お出かけください。

【日   時】 2018年6月2日(土)14:00~16:45

                                                  受付開始13:30

【場   所】 青学講堂

【参 加 費】 3,000円(青山学院の生徒は無料)

 

プログラム

【第1部 礼拝】   14:00~14:45

       司 式 浅原 一泰 青山学院中等部宗教主任  (31期)

       説 教 川村 尚弘 駒場エデン教会牧師  (30期)

       奏 楽 真藤 純一 中等部元教諭  (17期)

 

【茶 話 会】 14:45~15:30 恩師、同窓生の皆さんでご交流を

                              場所 女子短期大学地下食堂

 

【第2部 体感型ステージイベント】197578~あの輝かしい時代(とき)を忘れない~

        15:30~16:45

                                 ナビゲーター 宮内 理恵 俳優(29期)

                                 映 像       「あの頃の風景、 あの頃の流行、 あの頃のエピソード                                                                          あの頃の音楽etc.」

                                音楽演奏               中村 健佐 サックス奏者(29期)

                                       中等部吹奏楽部、ハンドベル部

                                 寄 稿   「クリスマスの思い出」

                                                                   金澤 千恵子  (河原 千恵子)   作家(29期)

                                 パフォーマンス 中等部チアダンス部VIVIDS & OGチーム

★中等部門は工事のため使用できません。正門、東門などからお入りください。

  ● 5月発行「緑窓」27号同封の郵便振替用紙での振込を申し込みとさせて頂きます。

 整理の都合上、5月15日(火)までにお振込みください。

 中等部卒業生以外の校友の方は当日受付をさせていただきます。

  ● 同期会サポート

 今年も緑窓会では、中等部卒業後10年(60期)、20年(50期),30年(40期)を対象に同期会サポートをします。6月2日に同期会が行えるように、アイビーホール青学会館の  予約、案内はがきの作成などをします。

これをきっかけに緑窓会の活動に参加されることを期待します。

 

中等部新礼拝堂のための第2回「チャリティーコンサート」のお知らせ

昨年3月に行われた、大平健介さん(中・高等部52期)によるパイプオルガンコンサートが、ご好評に応えて今年も開催されます。皆さまお誘いあわせのうえ、お越しください。

★詳しくは、中等部ホームページをご覧ください。

(会報「緑窓」27号誌上に、大平健介さんインタビュー記事が掲載されます。)

【日 時】 421日(土)16001700

【場 所】 ガウチャー記念礼拝堂

【入場無料】中等部新礼拝堂指定寄付(募金)にご協力ください。

 本年は2年に一度の維持会費納入の年です。5月発行「緑窓」27号同封の郵便振替用紙にて2,000円の振込みをお願いいたします。

★お問い合わせ先:緑窓会TEL / FAX 03-3498-5387(毎週火曜日11:30~16:00)